皆さまこんにちは~。
今日は久々のワインのご紹介です~。
題して、おススメ島ワイン
6月ワイン 2011.JPG
一番左から。
シチリア島ドンナフガータの『タンクレディ』ってワインです。
ネロダヴォラって地ブドウと、カベルネソーヴィニヨン。
とても濃厚で、パンチのある飲み応えです。
でも、喉越しは撮っても滑らかで、するりと入っていきます。
ガッツリ系の赤ワイン好きには、おススメでございます。

真ん中は、
シチリア島のアヴィデの『バロッコ』
ネロダヴォラ&これも地ブドウのフラッパート。
初めの一口目はこいつもなかなかのパンチ力。
でも、フラッパートの少し苦みを感じるような葡萄感が、軽快さも持ち合わせております。
ワタクシ、結構好きなワインの一本です。
飲んでいると、一口一口リズミカルに飲めるワイン。っとでも言っときます。

最後に一番右のワイン。
サルディーニャ島のアルジオラス『セッラロリ』
久々のロゼワイン。これは、カルネヤでも毎年頂いているワインです。
サルディーニャの地ブドウ、カンノナウ・・・。その他地ブドウからなるワイン。
イチゴシロップっぽい果実味&スッキリした優しい酸味。
ワインだけでも楽しめるし、カルネヤの生肉系お料理とも抜群です。

ではでは、皆さま飲みに来てくださいませ~。








2011年6月 7日 13:08 | コメント(0) | トラックバック(0) | edit



皆さま、こんにちはー。
今日は、久々にワインのご紹介でございまーす。
4月ワイン.JPG
左から順番にご紹介でございます~。

エミリア・ロマーニャ州の
【グットゥーニオ】
バルベラとボルナダってブドウからなる赤ワインでございます。
初めにベリー系の濃厚な果実味に溢れ、後味に若干スパイシーさを感じます。
ふわっとした感じで、生肉系の前菜なんかと。

トスカーナ州の
【カルティリオ】
メルロー100%の赤ワイン。
果実味と酸味のバランスがとてもよく、ザラリとするようなタンニン。
余韻もとても長く、メインディッシュの『ラベルルージュの鴨のロースト』なんかとイイ感じです。

バジリカータ州
【カマース ロッソ コネロ】
モンテプルチャーノ100%
こいつもなかなかのボディを持った赤ワイン
濃厚な葡萄のエキスと、タンニンが特徴的。比較的酸味も少なめ。
『熟成牛のカツレツパレルモ風』なんかとどうぞ。

後は白ワイン
リグーリア州
【ヴェルメンティーノ リヴィエラ リグーレ ディ ポネンテ】
ヴェルメンティーノ100%
オレンジとかの柑橘系と桃とか南国フルーツ系が合わさったような華やかな香り。
味わいも果実味が強く、ミネラル感があって、さわやかな風味のワイン。
香草をたっぷり使った香りの強い前菜なんか良いと思います。

マルケ州
【ヴェルデッキオ】
ヴェルデッキオ100%
ハーブやバターの様な香り。
上品なさらりとした果実味にすっきりとした酸味。後味にもすこしバターの様な風味を感じます。
春ワインらしい1本。

ではでは、ご賞味くださいませ。
2011年4月 9日 13:02 | コメント(0) | トラックバック(0) | edit



こんにちはー。変な天候が続きますが、お体大丈夫でございますか~?

今日は、なぜかシチリアワインフェアと題しまして、シチリアワインのご紹介でございます~。
何故シチリアワインか?というと、
良質のシチリアワインが安くカルネヤに入荷することが出来たのでございます。
インポーター様には、感謝感謝でございます。
シチリアワイン.JPG

まずは、一番左のワインから。
シチリアの代表するワイナリーと言っても過言ではないドンナフガータ社ってとこの
【ポレーナ】白ワインでございます~。
南フランスで栽培されるヴィオニエとシチリアのカタラットっていう二つの葡萄から構成されたワイン。
華やかな香りに、藁とか香草なんかの香りがすこーしありまして、味わいは、すっきりくっきりタイプ。
飲み応えのある白ワインでございますー。

真ん中
これもドンナフガータ社の
【ミレ・エ・ウナ・ノッテ】って赤ワインです。
シチリアワイン好き、イタリアワイン好きの方だったら、知っている方も多いと思います。
シチリアのネロダヴォラって、葡萄主体でございます。
ほとんどの方が美味しいと思えるクラスのワインです。
少し良いお値段ですが、年末なんでどうでしょう?

最後は
ここもシチリアを代表するデュカ・ディ・カステルモンテ社の赤ワイン
【トリプディウム・ロッソ】ってワインです。
ネロダヴォラ・シラー・カベルネソーヴィニヨンの3種類の葡萄からできております。
スパーシーな香りに、やんわりとしたとろみがありそうな果汁のガッツリタイプでございます。

ではでは、皆さまお待ちしております~。




2010年12月 3日 12:31 | コメント(1) | トラックバック(0) | edit



こんにちはー。
すっかり寒くなってしまいましたがー、こんな時期にピッタリの濃厚系白ワインのご紹介でございます~。
11月ワイン.JPG

そろいも揃って、似たようなというか、同じブドウ品種ばかり使ったワインなのですが・・・。
だって、和牛のレバーだとか、カルネクルーダ(タルタルステーキっす。)、フォアグラテリーヌ
色々キノコ・・・。って、感じで食材・料理は盛りだくさん。
何で、合わせようかな?ってたら、こうなりました・・・。
まぁ、まだまだワタクシの勉強不足ってことで、スミマセン・・・。

肝心のワイン。ちなみに、ぜーんぶフリウリ州って、イタリアの一番北で、一番東にあるとこのワインです。

一番左からー。
コッラヴィーニって作り手の【ブロイ】ってワイン。
フリウラーノ・シャルドネ・ソーヴィニヨンブランの構成
甘みのある香りに、トロンとした濃厚なエキスが飲み心地が良いでございます~。

真ん中
ポドヴェルシッチ・ダミアンって作り手の【ネカイ】
フリウラーノ100%のワインでございます。
トロピカルフルーツ系の香りに、【ブロイ】に似た飲み心地。
後味にややミネラル感もあります。ワインだけでも楽しめるやつですねー。
秋の夜長にどうぞ~~。

最後
上の【ネカイ】と同じ作り手のワイン
【カプリア】ってワイン
これは、シャルドネ主体のフリーウラノ、マルヴァジア・イストリアーナって構成
【ネカイ】よりも、すこしプラス清涼感のある香りで、
味わいも、素朴な果実味はあるもの、きれいなサッパリ感のある酸味もあるワインです。
こっちの方が、食事に合わせるならイイかもです。

ってな感じでございまーす。

 


2010年11月11日 12:35 | コメント(0) | トラックバック(0) | edit



今日は、10月ワインのおススメでございます~。
10月ワイン.JPG
やや濃いめのワイン達でございます。

一番左からご紹介。
ウンブリア州は
テヌータ・カステルブォーノってとこの『ロッソ・ディ・モンテファルコ』
とっても上品で、きれいな作りの赤ワインでございます。
今だと、『熟成短角牛のビステッカ』とよろしいかと思われます~。

次は、トスカーナ州ピアネーゼから『ピエトリッチ』
ガッツリタンニンと、濃厚な果実味。
後味にやや甘い香りがあって、比較的酸味少なめなフルボディワインじゃないでしょーか?
こないだ紹介した『エゾ鹿のTボーンステーキ』&『スーパーカルネヤオールスターズ』で、どでしょう?

お次は、バジリタータ州グリファルコから『アリアニコ・デル・ヴルトゥレ』
スパーシーな香り。タンニンと酸味のバランスが良く、やや渋さのあるワインでございます。
『トリッパのトマト煮 ビスマルク風』
『牛フィレ肉のパレルモ風カツレツ』と、良いと思います~。

最後は、白ワイン
サルデーニャ州カピケーラから『カリスマ・ビアンコ』
白桃・バナナなんかの甘ーい香り。
ワインに少しトロミ感もありますが、心地の良い酸味もあって、なかなかの飲み応えです。
モツ系のお料理全般、おススメ料理だと
『NAMANIKU 4種盛り合わせ』なんかと良いと思われます~。

ボトルは勿論、グラスでもお出ししておりますので、お気兼ねなく言って下さいね。
ではでは、お待ちしております~。




















 


2010年10月15日 12:49 | コメント(0) | トラックバック(0) | edit


 1  |  2  |  3  |  4  |  5  |  6  |  7  |  8 
Copyright (c) 2009 CARNEYA ANTICA OSTERIA
blog >> VINO

カテゴリー
AMICI (17)
CARNE (77)
INFORMAZIONE (42)
VINO (38)
MENU (20)

アーカイブ
2012年10月 (1)
2012年7月 (1)
2011年10月 (1)
2011年9月 (1)
2011年8月 (1)
2011年6月 (1)
2011年4月 (1)
2010年12月 (1)
2010年11月 (1)
2010年10月 (1)
2010年9月 (1)
2010年8月 (1)
2010年7月 (1)
2010年6月 (1)
2010年5月 (1)
2010年2月 (1)
2009年12月 (1)
2009年11月 (1)
2009年10月 (1)
2009年9月 (2)
2009年8月 (3)
2009年7月 (2)
2009年6月 (2)
2009年5月 (2)
2009年4月 (2)
2009年3月 (3)
2009年1月 (2)
2008年11月 (1)

CARNEYA ANTICA OSTERIA